So-net無料ブログ作成

法事のお料理 [仕出し]

 法事の仕出でお作りしたお料理をご紹介ます。
 お一人様、3000円でご注文頂きました。基本的に法事の仕出しでは盛り込みでお持ちしています。

 まずは炊き合わせです。
 何かと茶色が多くなってしまう煮物ですが、鶴生館ではなるべく食材の色を生かし、たくさんの彩りが添えられるように工夫して、目にも鮮やかな炊き合わせをご提供しています。

2359486

 炊き合わせの煮物はすべて素材ごと、別々に炊きます。
 海老と子持ち椎茸です。子持ち椎茸には海老の新上が使われています。

2359460

 南京です。てりが出て、黄色が鮮やかですね。

2359461

 里芋の白煮です。お醤油を使って煮詰めないので、保存の目的では多少劣る調理法ですが、里芋の白さを生かせる目にもきれいな煮物に仕上がります。

2359462

 牛蒡と蓮根の煮物です。きれいな切り口が際立つように盛り付けにも気を配っています。

2359463

 人参と筍の煮物です。筍の白に人参の赤のコントラストが映えます。
 人参には一つずつ飾り包丁を入れて桜の形を造っています。
 炊き合わせの盛り付けには、同じ味付けのものを同じ器に盛るようにしています。

2359485

 最後に、中央に盛った青梅です。
 これもやはり煮ものなのですが、きれいな緑色が特徴の鶴生館自慢の一品です。

2359489

 次に天ぷらの盛り合わせです。中央に付け合わせ、外側の器に銘々の盛り付けをしています。

2359490

 銘々皿の内容です。

2359515

 中央の付け合わせには秋らしく、栗をスライスしたものと銀杏を揚げたものを盛りつけました。
 風味の歌かな付け合わせですよ。

2359517

 次にお刺身です。
 鶴生館では鮮度の良いものを提供することのこだわりから、生ものは地元の相模湾でとれるものを中心に扱っています。

2359487

2359488

 続いてお寿司の盛り込みです。

2359519

 手前から、生の桜エビ、ホタテ、鮪、茹で海老です。

2359522

 茹で海老も鶴生館で作っています。
 写真奥は、これも鶴生館特製の醤油漬けのいくらです。

2359523

 手前から鮪、庄子、タコ、鯵です。

2359524

 写真中央、イカと金目です。

2361829

 水菓子としてお出ししたフルーツの盛り合わせです。
 盛り付け方も考えています。

2361830

 きれいに盛り付けられたみずみずしいフルーツは大変喜ばれます。

2361831

 最後に、これは銘々にお出しした茶碗蒸しです。
 鶴生館の茶碗蒸しも大変ご好評頂いています。

2361832

 許可を頂いて、お客様のお宅での様子を撮らせて頂きました。
 テーブルや、器などは必要に応じて鶴生館から貸し出しさせて頂き、配膳もお手伝いさせて頂いています。

2361833


 仕出しやご宴会などは、お客様のご予算やお料理など、ご要望に応じた内容を考えてまいりますので、まずはお気軽にご相談ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。